幌満川の水力発電施設 – 北海道ひだか観光ナビ

幌満川の水力発電施設

観る・体験する 名所 様似町

幌満川の水力発電施設の画像
アポイ岳の裏側(東方)にある幌満峡は、かんらん岩がつくる渓谷。その中に、歴史を感じる水力発電施設が点在しています。これらは、昭和のはじめに、日高で初めて電源を生み出した施設。今でも2つの発電所と堰き止めダムが稼働し、年間10,000kwの電力を周辺に供給しています。渓谷のもっとも奥にある幌満ダムは、民間所有ダムとしては日本一の貯水量を誇っています。アポイ岳ジオパークでは、産業ツーリズムにも活用しています。
URL 「アポイ岳ジオパーク」公式サイトへのリンク(外部ページ)
お問合せ先 様似町役場商工観光課
TEL 0146-36-2120
公共交通 [JR利用の場合]
JR日高本線様似駅からタクシーで30分
[都市間バス等利用の場合]
札幌から道南バス高速「ペガサス」号にて「浦河ターミナル」で下車し、東町(日赤前)へ行き、ジェイ・アール北海道バス「様似」方面へ乗換え、「JR様似駅」下車、タクシーで30分
JRの代行バス 現在、JR日高線は運休となっているため、代行バスでの利用の場合となります。
代行バスについては JR北海道のバス代行輸送について(外部ページ)をご確認下さい。
車アクセス 札幌から国道36号線または道央道・日高道を通り、国道235号線、236号線、336号線を進み、様似町字幌満の国道で左折(幌満峡の看板あり)。道なりに約5~20分。様似町役場から車で30分
駐車場 林道脇に駐車スペースあり
備考 原則団体のみ。見学には事前の許可が必要
観光データベース 検索

1. 町名を選んで下さい

2. カテゴリーを選んで下さい(複数選択可)

観る・体験する

食べる・買う

泊まる・くつろぐ

お土産・特産品
Translate »